サイトを作っていくと、自己紹介記事(プロフィール)を載せることが多いと思います。

 

花桃花桃

私も自分のサイトで自己紹介しています。

みゃーこみゃーこ

私も!!

 

プロフィールはそのサイトを訪れるユーザーさんに興味を持ってもらうためにとても大事なポイントです。

 

プロフィール記事を載せるのと載せないのでは一度訪問してくれたユーザーさんに再度訪問してもらえるかどうかを決める要素にもなってくるのでぜひ作っていきましょう。

 

この記事では詳しいプロフィール記事と別の簡単な自己紹介の記事を作っていきます。

 

サイドバーに手軽に見られるようにワードプレスのウィジェットという機能を使ってみます。

 

プロフィール記事を作るメリット

プロフィール記事がなくても自分のサイトを運営することはできます。

 

しかしプロフィール記事があるのとないのではいくつもの違いが出てきますし、大きなメリットになるため、作らないのはもったいないこと。

 

プロフィール記事のメリットには次のようなものがあります。

 

  • 自分の考え方に同調してくれる人が増える
  • 運営者に興味を持ってもらうことでサイトのファンになってもらえる
  • プロフィールがあったほうが訪問したサイトが記憶に残りやすい
  • 他の記事も読みたくなる

 

プロフィール記事がなかったなら、検索結果で何となく訪れたサイトなので一つの記事を読んで疑問が解決されたなら後はさようならという場合が多いです。

 

サイトのファンになってもらったり、他の記事も読んでもらえる可能性が高くなるという点がメリットになります。

 

ワードプレスのウィジェットでの作成方法

花桃花桃

実際にワードプレスのウィジェット機能を使ってプロフィール記事を作っていきましょう。

ワードプレス ウィジェット

 

「ダッシュボード」→「外観」→「ウィジェット」の画面中央あたりにある「サイドバー」に注目。

 

ワードプレス ウィジェット

 

このサイドバーの一番上にテキストを追加します。テキストは左下あたりにあるのでドラッグ&ドロップしてサイドバーの一番上に移動させます。

 

ワードプレス ウィジェット

 

この画面では「検索」という項目の上になります。右端の▼マークをクリック。すると下のような画面が表示されます。

 

ワードプレス ウィジェット

 

タイトルは「自己紹介」「管理人プロフィール」などと入力

 

ワードプレス ウィジェット

 

自己紹介の文面を書きます。

花桃花桃

実際はもう少し詳しく書いてくださいね

文面の上にプロフィール画像となるものを追加したいので「メディアを追加」ボタンをクリック。

 

ワードプレス ウィジェット

 

ファイルをアップロードをクリック。

 

ワードプレス ウィジェット

 

ファイルを選択をクリック。

 

ワードプレス ウィジェット

 

これはパソコンのフォルダー画面ですが、あらかじめ自分の使いたい画像を保存しておきましょう。

花桃花桃

プロフィール画像なので、できればキャラクターがいいですが、ここでは適当な画像にしています。

希望する画像をクリックして「開く」を入力。

 

 

ワードプレス ウィジェット

 

メディアを追加画面に選んだ画像が追加されました。キャプション以外の3か所の枠にはこの画像を使う記事のキーワードなどを入力しましょう。(ここでは:プロフィール などでもOK)

 

最後に「投稿に挿入」をクリック。

 

ワードプレス ウィジェット

 

ウィジェットの文章の上に画像が配置されました。

 

ワードプレス ウィジェット

 

画像をクリックして配置を真ん中に設定します。

 

ワードプレス ウィジェット

 

画像がきれいに真ん中に設定されたので「保存」を押します。

 

ワードプレス ウィジェット

 

これで完了です。

 

ワードプレス ウィジェット

 

ダッシュボードのサイト名の部分をクリックすると「サイトを表示」の文字になるのでクリック。

 

ワードプレス ウィジェット

 

サイトの状態を確認できます。

 

サイドバー(右側の部分)にプロフィール記事が追加されました。

 

「ワードプレスのウィジェットでプロフィール」のまとめ

ワードプレスというのは、自分のサイトを作っていくうえでは色々なカスタマイズがしやすいので、とても便利です。

 

今回ご紹介した「ウィジェット機能」もその一つ。

 

今回はプロフィール記事を作成するために使ってみましたが、他にもいろいろな使い方があります。

 

自分のサイトの中の人気記事をランキングで見せたり、最新の投稿記事を載せたり、どんなカテゴリーがあるのかを表示したり・・・・・

 

みゃーこみゃーこ

使い方次第で自分好みのサイトにしていけるのが嬉しいよね。

 

花桃花桃

あ、でも、初心者の頃はサイトのデザインを考えるよりも先に1記事でも書いていく練習をしたほうが結果を出すためには重要となってきますよ!

 

花桃花桃

今回の記事があなたのお力になれば幸いです。