せどり・転売を行うとすると、仕入れた商品を出品して販売する場所が必要になってきます。

市場が大きく、ブランド名の影響力も大きいのはやはり「Amazon」ですね。

 

Amazonに出品し、せどり・転売を行っていくのであれば出品アカウントが必要になってきます。

そしてAmazon出品では初心者がとても助かる出品に関するサービスがあります。

 

それが「FBA(フルフィルメント by Amazon )」です。

 

このFBAのサービス内容と登録手順などについてご紹介していきますね。

 

FBA(フルフィルメント by Amazon )とは?

Amazonを利用してせどりを行うようになると「FBA」という言葉がどんどん出てきます。

FBAについても基本的なことは知っておいたほうがいいですね。

 

正式名称

AmazonのFBAは「フルフィルメント by Amazon」のことです。

fulfillment(フルフィルメント)by Amazonの頭文字をとったものがFBAです。

サービス内容

Amazonの中では商品が注文されてからユーザーに商品が届くまでに必要な業務全般を指しています。

フルフィルメント by Amazon(FBA)は、Amazonの世界屈指の配送システムを活用し、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまでを提供するだけでなく、Amazon.co.jpでの販売力を強化し、売上拡大を支援するサービスです。

なので、せどりをAmazon利用でやっている人にとっては作業の手間がかなり省かれるというわけです。

 

花桃花桃

Amazonに納品した商品をお客さんが購入してくれたら、そこからの作業を普通であれば自分で行わなければいけないですが、Amazonがやってくれる形ですね。

FBAを利用するメリットやデメリット!初心者から見たおすすめポイント

出品者(せどらー)の作業とFBAの作業

出品者はどこまでの作業を行い、そしてどこからFBAが作業を行ってくれるのでしょう?

出品者
商品仕入れ

↓↓↓

商品登録

↓↓↓

FBAから出荷に変更

↓↓↓

FBAに商品納品

↓↓↓

ここからFBA
商品受け取り

↓↓↓

受注管理

↓↓↓

商品が購入されたら梱包・発送

↓↓↓

配送や返品などに対応するカスタマーサービス

 

かかる料金

AmazonのFBAには

  • 大口出品・・・・・月額4,900円(税別)
  • 小口出品・・・・・1商品成約につき100円

の2通りがあります。

この出品プランは途中で変更可能です。(2019/11/1現在)

花桃花桃

最初に数点しか商品が売れないようなら小口出品にして、50個以上売れるようになれば大口出品に切り替えるという方法がおすすめです。

出品プランを決めるときに必要な金額とは別に、仕入れた商品が売れるときにも手数料がかかってきます。(カテゴリー手数料、カテゴリー成約料、配送代行手数料、在庫保管料など)

 

(FBA)フルフィルメント by Amazon の登録方法

登録するための手順を説明します。

登録に必要なもの

FBAというサービスに登録するためにはAmazonの出品アカウントを取得する必要があります。

そのために必要なものは

  1. インターネット環境
  2. 電話番号
  3. メールアドレス
  4. クレジットカード
  5. 銀行口座

となります。

インターネット環境

やはりせどり・転売などをやっていくのであれば(特にネット上で仕入れを行う電脳せどりであればなおさら)パソコンを使える環境が必要です。

仕入れはスマホなどでもできますが、Amazonで出品者登録をしたり、商品を登録したり、納品作業をするうえではパソコンが必須です。

 

電話番号

アカウントを取得するために二段階認証などで電話番号を求められる場面があります。

この場合、携帯電話でも固定電話でも大丈夫です。

 

メールアドレス

Amazonのセラーセントラルという出品者専用のサイトにログインするためにはメールアドレスとパスワードが必要になります。

商品を納品したとき、Amazonが商品を受け付けてくれたタイミングなどもメールで知らされますし、色々な連絡事項なども最初に登録したメールアドレス宛に送られてきます。

 

クレジットカード

Amazonの出品者として大口出品で月間登録料としての支払いはクレジットカードから差し引かれます。

厳密にいうと、14日間周期で売り上げた金額との差し引き金額が請求されます。

なので1か月で4,900円(税別)以上の売り上げがあればクレジットカードからは何もひかれません。

 

銀行口座

Amazonに出品した商品の売り上げのお金は銀行振り込みによって受け取ることになります。

なので銀行口座は必要です。(私は楽天銀行を設定しています。)

↓↓↓

アフィリエイト用に楽天銀行の口座を開設しよう!詳しい手順について

 

登録手順

Amazonのトップページからスタートします。

Amazon 登録

「Amazonで売る」というところをクリック

 

Amazon 登録

「さっそく始める」をクリック

 

Amazon 登録

アカウントを作成します。

①名前を入力

②私はGmailにしました。

③パスワード(6文字以上の英数字)

④③と同じものを入力

⑤画像の英数字を入力(判別しにくいときは「他の画像に切り替える」をクリックする)

「Amazonアカウントを作成」をクリック

 

ここで登録したメールアドレス宛にコードが送られてくるのでコードを入力して「確認」をクリック

 

自分のメールの受信箱をのぞくとAmazonからのメールが届いていました。

Amazon 登録

内容は下記のとおり。

Amazon 登録

以下のコードをにゅうりょくしてくださいとあります。

※このコードはよほどのことがない限り第三者と共有しないようにしてください。

 

コードの入力が済んで「確認」ボタンをクリックすると設定画面にうつります。

(私は最初に大口出品を選んでからアカウント作成を開始したので、どこかで出品プラン(大口か小口)を選ぶ画面が出てくると思います。)

 

2019年11月現在では「大口→小口」「小口→大口」が自由に変更可能になっていますので最初は小口出品で登録したほうがいいかもしれません。(大口出品にすると月額がかかってしまいます。)

色々な理由で出品プランの変更ができなくなる場合もありますので、必ず確認してから出品プランを選びましょう。

Amazon 登録

出品用アカウントの設定

居住国は日本でいいと思います。

正式名称/販売業者名

自分の本名を入れます。

「次へ」をクリック。

 

Amazon 登録

出品者情報の入力

①自分の情報を入れます。

②自分の携帯の番号を入力して電話かSMSでパスワードを取得します。

 

Amazon 登録

送られてきたワンタイムパスワードを入力して「検証」をクリック。

 

Amazon 登録

✔認証が正常に完了しました」と表示されたら、運営責任者名を入力。

「次へ」をクリック。

 

この後の

商品情報の入力に関しては私はスキップしました。

Amazon 登録

Amazon 登録

 

花桃花桃

最初に決められないことは後で追加・編集ができるのでスキップしても大丈夫です。

Amazon 登録

クレジットカード情報を入力します。

 

ひととおり終わるとAmazonのセラーセントラルにログインします。

私の場合はその前にメールアドレスに「2段階認証」の設定をしましょうと通知が来ていたので、メールにあるURLをクリックしたところ、下記の画面に。

Amazon 登録

「2段階認証を設定する」をクリック。

 

Amazon 登録

2段階認証には2種類の媒体で登録するようになっていますが、私は色々アプリなども試してみたり、ごちゃごちゃやってみて、時間がかかり、結局一番おすすめは

 

  • 自宅の電話
  • 携帯電話

 

でのワンタイムパスコードを取得する方法でした。

花桃花桃

こちらは自分の好みでいいと思います。

 

2段階認証の設定が終わったら、Amazonのセラーセントラルにログインします。

Amazon 登録

このとき2段階認証が求められると思います。

ログインすると、

出品用アカウントの入金方法情報が不足しています。または無効です入金方法情報を確認
という表示がありますので、その青文字をクリックすると銀行口座情報の登録画面が出てきます。
もしもない場合は、右上にある「設定」→「出品用アカウント情報」→「銀行口座情報」とすすみ、銀行口座情報を入力します。

Amazon 登録

ここまでで、終わりかと思いました。

 

過去の情報ではこれで済む予定でしたが、あらたに書類の提出を求められるメッセージが・・・・・

本人確認書類の送付

Amazon 登録

セラーセントラルにログインしたとき、上の画像の「パフォーマンス」という部分に赤文字で③と表示されていたので、何かな?とクリックしてみると、「パフォーマンス通知」が来ていました。

 

その中の「出品様のAmazon.co.jpの出品者用アカウントを確認しております」の項目をクリック。

 

アカウントの出品前審査にご協力をお願いします。・・・・・

との内容で、別に書類が必要になるとのこと。

赤枠の部分をクリックしようとしましたが、私の場合はクリックできなかったので、コピーしてグーグルの検索窓に貼り付けて確認したところ、必要書類についての詳細がありました。

 

私が用意したのは

 

  • 本人確認書類「運転免許証」
  • クレジットカードの明細とクレジットカードの取引に使っている銀行口座の情報

そしてすべての情報をスマホで撮影して、アップロードして送りました。

 

実は、これをしっかりやっておかなかったために、初めてのAmazonへの納品の際になかなか表示されないというハプニングが・・・・・。

 

 

花桃花桃

なので、Amazonアカウントに登録したら、すぐにセラーセントラルにログインしてパフォーマンス通知がないか確認することをおすすめします。

 

 

「FBAへの登録」のまとめ

何だか、確認作業、入力作業が多くて大変にEWB思えるかもしれませんが、最初だけです。

それに画像に従って入力していけば問題ないと思います。

また、WEB上では年代によって登録の手順が少しずつ変わってきているところもあるようです。

この情報は2019年11月時点のものですのでご了承ください。

 

 

花桃花桃

あなたの手助けになれば幸いです

もし質問などあれば気軽にご相談くださいね