ビジネスだけでなく家計を預かる主婦であればお金の流れ(キャッシュフロー)が大切になってきます。

 

アフィリエイトなどであればそこまで考える必要もないのかもしれませんが、せどりを行っていくのであればキャッシュフローを意識しておくことってけっこう大事だと思います。

 

花桃花桃

個人的に家計簿をつけたりするのが苦手なのでお金の流れとかあんまり考えるのめんどうくさいのよね。

みゃーこみゃーこ

あらら

花桃花桃

でもビジネスにめんどうくさいとか言ってられないよね。

みゃーこみゃーこ

そのとおり。ビジネスを続けていくのであればお金の流れを把握しておくことは大事だよね。

 

特にせどりではキャッシュフローについて意識するのは大事なことです。

 

キャッシュフローを考えずに見切り発車でスタートしてしまうと途中で作業がストップしてしまい、挫折しやすくなってしまいます。

 

今回は、私自身がせどりを始めた後に感じたキャッシュフローについて体験をもとにお話ししてみようと思いました。

 

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは、現金の流れのこと。

収入と支出の2つの流れを合わせたものをいいます。

 

せどりとキャッシュフローについて

せどりを行う際にはキャッシュフローが大事です。

 

その中でもAmazonせどりを行うのであればお金の流れを把握していつも意識しておくことは大事だと思います。

 

簡単に考えてみても以下のようになって、仕入れた商品が売れて、口座に振り込まれるまではずっとマイナスの状態が続きます。

商品仕入れ(マイナス)
↓↓↓
商品をアマゾンンに納品(マイナス)
↓↓↓
商品が売れる(マイナス)
↓↓↓
収益が振り込まれる(プラス)
だからといって、プラスが出てから次の仕入れを行うのでは結果が出るまでにかなりの時間がかかります。

私の体験から思うこと

私は最初あまり準備資金を考えずに次々に仕入れを行いました。

 

すると出品まではいいのですが、それが売れるまでに1か月以上かかったり、今でも売れずに在庫として残っている商品もあります。

 

ということは今の時点ではマイナス状態だということです。

 

なので最初にある程度の資金を用意してスタートする必要が有ると感じました。

 

と同時に利益率も大事ですが、商品が売れていく回転率も大事だなと思います。

 

試行錯誤して、失敗しながら前に進んでいこうと思います。

 

花桃花桃

今日もお読みいただきありがとうございました。