Amazonに出品してFBAを利用していると手数料がたくさんとられます。

花桃花桃

手数料の種類はいくつかあって、かなり細かい設定になっていると感じます。

みゃーこみゃーこ

花桃ちゃんは全部把握してるの?

花桃花桃

実際のところ、すべてに「~%」ずつかかっているというように内訳を言えるわけではありません。

 

Amazonの手数料は「販売手数料」としてひかれているのをセラーセントラルで確認できます。

 

手数料の1つ1つを考えると高いようにも思えますが、全体のパフォーマンスとして考えると手数料を考えてもAmazonのFBAを利用するメリットがあると思います。

 

手数料については初心者せどらーにはかなりの痛手になりますが、それを気にせずにすむくらいに売り上げられればいいなと思っています。

 

そんなこんなで手数料というものについても少しずつ理解していきたいと思います。

 

この記事ではAmazonのFBAを利用していると必ずかかってくる「保管手数料」についてまとめてみました。

 

Amazonの保管手数料とは?

AmazonのFBA倉庫を利用する場合に発生します。

 

こちらからAmazonに納品した商品を保管・管理してもらうための手数料です。

 

せどりをやっていると仕入れた商品を保管しておく場所が必要になります。

 

個人であれば自宅の中の一部屋に商品を置くことになるでしょう。

 

まだ扱う商品が少ない場合はいいですが、数十個、何百となると商品を置いておく場所に困ります。

 

倉庫を借りるのにもお金がかかります。

 

その点を考えれば定期的にせどりを行っていく場合ならAmazonの倉庫を利用するのがおすすめです。

 

その金額は「商品サイズ(体積)」と「保管日数」で計算されます。

 

※ここでの商品サイズは現物のサイズではなく、梱包して発送できるようにした状態でのサイズになります。

Amazonフルフィルメントセンターに商品を保管した日から購入者へ商品を発送した日までの期間となります。

 

保管手数料とは?

 

保管手数料を考えた商品の売り方

保管手数料は商品の大きさが関係してくるのでサイズの大きいものほど費用がかさむということになります。

 

売れない商品を一年以上放置すると保管手数料と別に「長期保管手数量」というものまでかかってきます。

 

保管手数料を考えた場合の対策

売れない商品にもお金がかかるのは困ります。

 

納品している商品の数が少なかったり、サイズが小さいものばかりであればさほど気にする必要はないのかもしれませんが、それでも何かしら対策は必要になってくるのだと思います。

 

色々な方のサイトを見てみると対策法として次の3つがあげられていました。

 

商品の売値を安くして売りきってしまう

商品を返送してもらう(手数料がかかります)

商品の所有権を放棄する(手数料がかかります)

これについても、また詳しく勉強していきたいと思います。

 

まとめ

今回はAmazonのFBAを利用する際に発生する「保管手数料」について考えてみるいい機会でした。

 

商品が売れて購入者へと発送されるときに手数料がかかるのは当たり前ですが、商品が売れない状態で放置されている間も手数料がかかっているというのはいつも心の奥底に認識しておく必要があると思いました。

 

花桃花桃

だって気が付いたら収益がプラスどころかマイナスになる可能性だってあるわけですから怖いですよね。