どりを始めて初月での納品数は4種類で6点です。

花桃花桃

10月からスタートして10月に2回に分けて仕入れた商品をアマゾンへ納品しました。

みゃーこみゃーこ

その感想はどうなの?

花桃花桃

仕入れた商品をアマゾンに納品するときの配送料って地味にイタイなあということ。

みゃーこみゃーこ

そうなの?

 

仕入れた商品をアマゾンに出品する際にAmazonに商品を送らなくちゃいけません。それが納品作業なんです。

 

納品作業を行ったのは10月にせどりを始めて10月中に2回でした。

 

そのときの配送料に関する個人的な感想をお伝えします。

 

Amazonの納品は2回、配送料は?

10月に商品を2回Amazonに納品しました。

1回目・・・・・1510円(ヤマト)サイズ120 重さ10.5kg

2回目・・・・・1180円(ヤマト)サイズ80 重さ5.2kg

 

1回目と2回目の違いと反省点

1回目と2回目の納品の違いは納品した商品数にあります。

 

1回目は初めて仕入れたセット本をとりあえず納品してみたかったので1種類だけを納品しました。

 

2回目数点仕入れたものまとめて納品しました。

 

セット本の量が多かったので、結果的に最初のほうが配送料も高くつき、2回目のほうが重量も商品の大きさなども小さく安く済みました。

 

なので2回目のように複数の商品を一度に送ったほうが一つの商品にかかる手数料が少なくてすむことになります。

 

これから定期的にAmazonへ納品するのであれば仕入れた商品をある程度ためて、一度で納品したほうが効率がいいなと思います。

 

でも、納品する商品が中古家電などの場合、色々な商品と同梱すると動作に支障がでるかもしれないと思います。

 

梱包をしっかりやることも考えるべきかな?と思います。

 

また商品の性質上家電でなくても大きいものは大きい段ボールで送らなくちゃいけないので、仕入れる商品の大きさと数のバランスでも一度の納品を考えていくべきかな?と思っています。

 

今回は仕入れた順番に納品していきましたが、消費期限があるようなものではないので送りやすりものだけまとめて先に送るという方法もありかな?と考えています。

 

Amazonへの納品にかかる配送料に思うこと

花桃花桃

配送料はけっこう負担だと思います。

 

高額商品や価格差のある商品、一度に納品する商品数が多い場合はいいですが、中古本や価格差がわずかのものは配送料を仕入れ値に加えると場合によっては売値よりも高くついてしまうこともあります。

 

実際にせっかくAmazonで売れたのに利益がマイナスになったものもあります。

 

花桃花桃

手間だけかかって売り上げがマイナスって厳しい~

 

これはいい勉強になりました。

 

花桃花桃

一つずつ失敗しながら学んでいこうと思います。

花桃花桃

こういうことの多い私ですが、温かい目で見守ってくださいね