昨日、初めてメルカリで出品をして当日すでに購入してくださったユーザーが現れたおかげで今日はさっそく商品を購入者さんに送る手続きを体験することができました。

 

みゃーこみゃーこ

どんどん色々なことを経験できていいね

花桃花桃

そうそう、アタフタしながらも前に進めるのってうれしいわ

 

今回は私が行った商品の出品作業について覚書としてご紹介します。

 

メルカリで商品が売れた後の手順とは?

メルカリで商品が売れてから大まかにどういう流れだったのかを書いておこうと思います。

 

メルカリサイトにメッセージがある

メルカリのトップページの右上に✔(チェックマーク)が表示されます。

ここにはやることリストが書かれているので、その通りに進めていきます。

商品を発送する準備

やることリストから購入されたので商品を発送してくださいとメッセージが出ていましたので、商品をどういう方法で発送するのかを選択します。

私は出品商品の詳細に「らくらくメルカリ便」を設定していましたので、次の3とおりから選択する必要がありました。

  • コンビニから発送
  • ヤマト営業所に持ち込んで発送
  • ヤマト営業所の集荷によって発送

自宅の近くにはコンビニがあるのでコンビニを選びたかったのですが、一番最初は迷うこともあるので、ヤマト営業所に持ち込んだほうがいいという意見がネット上に多くみられていましたので、今回は近くのヤマト営業所に商品を持っていくことにしました。

 

商品を梱包

今回購入されたのは「絵本」でした。

ですのでoppという素材のセロハンのような透明の袋に本を入れてテープで止め、それを大きめの(B4くらい)封筒に入れて、余った部分を折って小さくまとめ余分な部分をガムテープでとめました。

形をなるべく小さくしたのは、らくらくメルカリ便での一番送料が安くて済むサイズに合わせるためです。

何といっても送料はこちらもち。

高い送料で送ると手元に残る金額は数十円です。

不用品は売れれば万歳的な感じでゆる~く考えていますので、1点でも売れてくれれば収益が数十円だろうが、数百円だろうが嬉しいものなのです。

 

花桃花桃

中古本はいつも何十冊持っていっても数百円くらいにしかならないです。

商品を配送先へ(コンビニ・郵便局・宅配業者)

らくらくメルカリ便にすると、あて名書きが必要ないうえに、発送する私の住所なども表示されず「匿名配送」というものができて便利です。

スマホで

「ヤマト営業所に持ち込んで発送」

を選んでクリックすると荷物のサイズを選ぶ画面が出てきます。

それを選んだら初めてQRコードが表示されます。

それを営業所にある機械にかざして読み取らせると送り状が印刷されてきます。

その控えをもらうだけで手続きは終了です。

 

花桃花桃

次回からはコンビニでできそうです。

 

商品発送終了した後の流れ

商品を発送したらスマホに表示された「商品の発送通知」をクリックします。

発送手続きがすんだことと、今しばらくお待ちくださいと購入者さんにメッセージを入れました。

 

メルカリでの取引を終えて感じたこと

メルカリでのやりとりはなくても大丈夫とあったものの、取引を順調に進めるためにはコメントを入れたほうがいいと書いてあったので、購入のお礼と商品発送をなるべく早くさせてもらいますとの意向をお伝えしました。

すると、相手の方からも「急ぎませんので気にされないでください。取引の間、よろしくお願いします」と気持ちのいいお返事をいただき、コメントって大事だなあと感じました。

 

花桃花桃

これからもメルカリを通して商品がうれてくれればいいなと思いました。