キーワードを選ぶって簡単そうだけど、けっこうめんどうだよね。

そうね、慣れるまではその作業だけで時間を使ってしまうし、かんじんの記事を書くというところになかなかたどり着かないとやる気がそがれてしまうかもね。

 

キーワードの調べ方はたくさんあります。

私がおすすめしたキーワード選定のための無料ツールでも、選定したあとにボリュームを調べるということが必要になってきます。

そんないくつかの作業を1つで済むようにしたキーワードの選び方があれば気持ち的に楽ですよね?

 

この記事では初心者さんにおすすめのキーワードの選び方が楽にできる方法についてお伝えします。

 

キーワード選定に使うものとは?

私がおすすめするのは

「YAHOO!  JAPAN」のウェブブラウザを使ってのキーワード選定です。

インターネットを使ったことがある人ならご存じのように、私たちはWEBサイトを見るときに

検索して欲しい情報を得ようとしますね。

ウェブブラウザというのは、その時に使うホーム画面に設定するソフトのことです。

 

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Microsoft Edge
  • Safari
  • Internet Explorer(IE)
  • Opera

 

などがよく知られていると思います。

 

その中でキーワード選定に使うのは

「YAHOO!  JAPAN」

です。

 

この「YAHOO!  JAPAN」に検索したい言葉を入力すると2語や3語の言葉の組み合わせが出てきます。

その組み合わせをキーワードとして使うというわけです。

 

花桃花桃

どういうものかはこれから説明しますね。

 

キーワードの選定方法

まず、「YAHOO!  JAPAN」の画面を出します。

 

これは使っているパソコンが通常他のウェブブラウザをホーム画面にしていても問題ありません。

 

こちらの画面から
↓↓↓
YAHOO! JAPAN

キーワード 選び方

見慣れたヤフーの画面が現れます。

 

キーワード 選び方

検索窓にキーワードとして調べたい語句を入力し「検索」ボタンをクリック。

 

キーワード 選び方

検索結果が出たらそのページの下のほうまでスクロールする。

 

キーワード 選び方

「ダイエット」という言葉と組み合わせて検索されることの多い語句の候補がだいたい10個ほど表示されます。

 

キーワード 選び方

その一つをクリックします。

 

キーワード 選び方

するとさらにクリックした語句と組み合わせたキーワードが出てきます。

これを繰り返していくわけです。

 

キーワード 選び方

そして最後は10個も候補がなく、この最下層まで検索して得たキーワードを記事作成に使うというわけです。

 

花桃花桃

なぜ、最下層の言葉を使うのかというと、1語キーワードより2語キーワード、2語キーワードよりも3語キーワードのほうがライバルが少ないからです。

え~!だってライバルが少なすぎるとこのキーワード自体あまりボリュームがないってことだよね?

確かにそうだけど、この「YAHOO! JAPAN」で検索されたキーワードはボリュームは少なくても、需要があるということだからよ!

 

 

「キーワードの選び方」のまとめ

今回はただ検索窓にキーワードとして使いたい言葉を入れるだけで需要のあるキーワードを見つけられる方法について解説しました。

 

他にもキーワードの選び方には色々な方法があります。

 

ユーザーの悩みに寄り添う場合、商品購入を勧める場合、などそれぞれに多少キーワードの性質が違ってきますし、選び方の方法も変わってきます。

 

しかし、最初の頃はユーザーさんに需要があるキーワードの組み合わせで、なおかつライバルの少なそうなところからどんどん記事を書いていったらいいかな?と思います。

 

でも、キーワードを選ぶところでなかなか進まずに挫折するのを防ぐためにはとにかく調べたキーワードでの記事を書いて積み上げていくことが大事かな?と思います。

 

花桃花桃

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。