花桃花桃

こんにちは花桃です。

今日は自分のサイトの「グローバルメニュー」の設定の方法についてお伝えしていきますね。

みゃーこみゃーこ

グローバルメニューって何?

花桃花桃

サイトの訪問者(ユーザー)のために必要なものだよ!

みゃーこみゃーこ

ユーザーのため?

 

グローバルメニューを設定するのとしないのではユーザーのためを考えたときに大きな違いが出てきます。

 

この記事ではサイトの訪問者に優しいグローバルメニューについてお話していきます。

グローバルメニューとは?

私のサイトでいうとこういうもの
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
グローバルメニュー ワードプレス

別名「ナビゲーションメニュー」ともいい、ユーザーが自分のサイトを訪問してくれたときに、このサイトにどんな記事があるのかなどここで知ることのできる案内メニューのようなもの。

 

グローバルメニューとしておすすめは何?

グローバルメニューに、どんなことを載せるのかはサイトの性質によっても変わってきます。

一般的には、

  • 管理人のプロフィール
  • サイトマップ(全記事一覧)
  • お問い合わせ
  • おすすめ商品
  • 無料メールマガジンの登録フォーム
  • おすすめ記事
  • TOP画面へのリンク

などを載せることが多いようです。

 

自分が作ったサイトの中で見てほしい、読んでほしいものを優先的に載せることが多いようです。

私の場合は

  • サイトマップ
  • 管理人のプロフィール
  • お問い合わせ

を載せています。

 

グローバルメニューの設定方法(ワードプレス編)

花桃花桃

では、さっそくグローバルメニューの作り方と設定の仕方の手順を画像を使って説明していきますね。

 

グローバルメニューを作る際に、あらかじめ

  • プロフィール記事
  • ある程度の数の記事(サイトマップ)
  • お問い合わせフォーム

などを作っておく必要があります。

 

ワードプレスに設置する手順

「ワードプレスのダッシュボード」→「外観」→「メニュー」とすすみます。

グローバルメニュー ワードプレス

 

これがメニュー一覧になりますので順番に説明していきますね。

グローバルメニュー ワードプレス

メニュー名を決めます。

私は「トップページ」にしましたが、「グローバルメニュー」でも「ナビゲーションメニュー」でもいいと思います。

②に行く前に「メニュー項目を追加」と書いてある部分に

 

固定ページ

投稿

カスタムリンク

カテゴリー

の4つの項目があるので、カテゴリーを選んでもいいですし、投稿記事を選んでもいいですし、ここからグローバルメニューに載せたいものを選びます。

花桃花桃

私はたまたま固定ページばかりだったので、固定ページを開きました。

 

自分の選びたい項目にチェックを入れます。

 

「メニューに追加」ボタンをクリックします。

 

④②で選んだものが右の「メニュー構造」に入ってくるので編集できるようになります。

 

今回は「プロフィール」の記事を編集してみます。

それがこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
グローバルメニュー ワードプレス

ここで設定するのは

ナビゲーションラベルと呼ばれるもの

私の場合、プロフィール記事のもともとのタイトル名は

「花桃の山あり谷ありプロフィール」

だったのですが、あまり長すぎるとラベルとして見にくいかな?と考え

「管理人のプロフィール」

として表示させることにしました。

 

メニュー設定のどちらかもしくは両方にチェックを入れます。

グローバルメニューの場合はサイトの上のほうにメニューが表示されますし、フッターメニューの場合はサイトの下のほうにメニューが表示されます。

 

「メニューを保存」をクリックして終了です。

 

「ワードプレスのグローバルメニュー」のまとめ

自分でサイトを立ち上げたのであれば、アフィリエイトをやっていくためには、自分のサイトがユーザーのためになるような作りにしていくことは大切です。

 

そのためにデザインを考えたり、良質なコンテンツを載せたり、いろいろと考えていくわけです。

その中で訪れてくれたユーザーが

 

(ほかの記事も読みたいな)

(この記事を書いている人はどんな人なのだろう)

(サイト内の記事を読んで聞きたいことがあるんだけど)

 

という考えが浮かんできたときにすぐにその案内をしてくれるのがグローバルメニューになります。

 

もし、このメニューがなければ疑問や悩みについてすっきりしないままサイトをあとにすることもあるでしょう。

それってユーザーにとって優しいサイトとは言えないですね。

自分のサイトを立ち上げたらせめて「サイトマップ(全記事一覧)」「お問い合わせ」ぐらいは載せておきたいところですね。

 

花桃花桃

今回の記事があなたのお役に立てたのであれば嬉しいです!