みゃーこみゃーこ

あ~!!!

何書いていいのかわからないよ~

花桃花桃

どうしたの?

みゃーこみゃーこ

アフィリエイトの記事を書いているんだけど、なんだか息詰まっちゃって・・・・・

花桃花桃

なるほど、記事を書く手がとまっちゃったのね。

 

アフィリエイトで自分のサイトを立ち上げて記事を書いていく中でどうしても書く手が止まってしまうことってあります。

 

それはキーワードが思いつかない場合もあるでしょうし、キーワードは決まっていてもどういう流れで書いていけばいいのかわからないということもあるでしょう。

 

技術的なことはさておいて、アフィリエイトの記事の書き方で一番大事なポイントについてお話ししていきたいと思います。

 

アフィリエイト記事は誰のためにあるのか?

アフィリエイトの記事は

 

ユーザーが知りたい情報

 

を書くことが基本です。

 

なのでアフィリエイト記事は

 

ユーザーのため

 

にあると考えてほしいです。

 

アフィリエイト記事は書きたいことをかくのではない

自分の得意分野のジャンルなどで記事を書いていくとよくあるのが、

 

  • 自分が書きたいことを書く
  • 自分の持っている知識を発信する
  • オリジナリティを求めて細部まで細かく書く

 

ということ。

 

花桃花桃

あ、別にすべてが悪いわけではないですよ

 

ただ、記事の内容が独りよがりになってしまうと誰のための記事なのかわからなくなります。

 

例えば「アップルパイ りんごの種類」で検索したユーザーにとって、知りたいのは

アップルパイに適したりんごの種類

であるのに、

 

記事の中には、りんごの種類が何十個と書かれて、産地や見た目、味の特徴などがズラッと並んでいたら、それは求めていた答えに対して親切な記事になるでしょうか?

 

確かに記事の充実度としては素晴らしいですし、情報量が多くていねいに書かれていることは評価できますが、

 

今まさにアップルパイを作ってみようかな?と考えたユーザーがスーパーでりんごを前にして迷っていたら、

アップルパイに適しているのは一般的に「紅玉」です。その他に「〇〇」や「〇〇」もおすすめです。
と短くても的確な答えが書かれている記事のほうが嬉しい情報になりますね。
 

アフィリエイト記事によってユーザーが〇〇することが一番

アフィリエイト記事って、簡単よりも詳しいほうがいいし、情報が少ないよりも多いほうがいいと思われがちですが、場合によっては簡潔にポイントだけ書かれていたほうがありがたい場合もあります。

 

何を言いたいかというと、技術的に色々な情報を詰め込むことも大事ですが、記事書きの基本はそのキーワードを検索窓に打ち込んで、何かを調べたいと思ったユーザーが

 

どんな情報を一番欲しいのか?

 

ということを考えていけるようになりたいということなんです。

 

「アフィリエイトの記事の書き方」のまとめ

アフィリエイト記事と考えるから何だか難しく考えてしまいがちなのですが、自分が検索するときの気持ちを思い出せば記事を書く流れで悩むことも減ってくるでしょう。

 

ただ、初心者さんが、キーワードの答えだけをバンっと一つ書いて「はい!おしまい」ではさすがにGoogleからは評価されません。

 

検索したときに上位表示するための記事の書き方はおさえるべきポイントがあります。

 

以下はほんの一部ですが、記事書きの教科書のように決まったやり方をまねるだけで大丈夫なのです。

 

  • キーワードの答えになる内容を〇〇にもっていく
  • 見出しのつけ方はキーワードを〇〇に配置する
  • 記事の流れは〇〇を参考にすることで簡単になる

 

なので記事書きで悩んだら基本に沿って書いていけば難しいことではありません。

 

花桃花桃

技術的なポイントはまた別記事にてご紹介しますね。

アフィリエイトは独学でも始められる?おすすめは〇〇(記事準備中・・・・・)